ホーム > マネジメント

マネジメント

中部土木は、品質・環境・安全衛生・事業継続計画等のマネジメントシステムをとおして、広く社会に貢献し、お客様にご安心いただけるサービスを提供する企業を目指しています。

認証登録済

(適用除外:豊明工場 / 新規事業開発部)

ISO9001・ISO14001統合

MSA JAB

ISO9001

我々は当社の経営理念に基づき、顧客ニ−ズを適切に満たすため、品質マネジメントシステムを全社で確実に運用し、その有効性を継続的に改善する。又、法令、規制、その他の要求事項を順守しつつ、より高い技術力と創意工夫をもって、最適な品質と安全を確保し、顧客の信頼と期待に応える。

品質環境方針 品質環境目標

ISO14001

中部土木は「お客様と地域の皆さんに愛され、社員が幸せと生き甲斐を感じられる会社を目指す」を経営理念として、創業以来建設工事に携わり、良質な土木構造物を提供して、社会資本の整備に貢献してきた。しかしその反面、事業活動の過程において自然の改変、資源・エネルギーの消費、廃棄物の発生等、地球環境にさまざまな影響を与えていることも事実である。これを真摯に受け止め当社は、全ての事業活動を通して「地球に優しい中部土木」をモットーに、「環境の保全と創造」に努め良き企業市民として社会や地域への責務を果たす。

COHSMS(建設業労働安全衛生マネジメントシステム)

当社は、店社と作業所が一体となって安全衛生管理を行い、労働災害の潜在的危険性を除去・又は低減させるために労働安全衛生マネジメントシステムを取り入れを決定します。取り入れたシステムにより安全衛生管理のノウハウとして店社に蓄積し、次の工事に活かします。店社と作業所相互の情報伝達が円滑になり、安全衛生管理のノウハウを店社に蓄積します。これらのノウハウは新しく設置する作業所に伝達し、施工する工事の安全衛生管理に反映します。ノウハウは当社の共有財産とし、店社や部門間で活用します。また、社員教育の中に組み込むことで、安全衛生担当者等の体系的な人材育成をします。それぞれの役割と責任に応じて確実に安全衛生管理が実施されるシステムとします。

安全衛生方針

事業継続計画(BCP)

 当社は、公共インフラの整備を通じ、広く地域社会に貢献する地場の建設業者として、予測される大規模災害の発生や、事故等による事業活動に大きな支障を生じる事態に対応し、従業員の安全を確保しつつ、機敏に活動を展開することにより、二次災害を防止し、被害の軽減を図ると共に、迅速な事業回復、利害関係者への影響の最小化、社会インフラの復旧、地域への救助支援に積極的に協力し、社会責任に応えることを目的として、事業継続計画(BCP)を策定しました。